相続ついて

お金のことを知ろう

相続ついて

相続とは、被相続人の財産を相続人が受け継ぐことです。
被相続人の財産には、現金、預貯金、有価証券、また不動産などのプラスの財産の他に、借金や未納の税金といったマイナスの財産も含まれます。

相続については次の3つの選択肢があります。
1.単純相続、2.限定相続、2.相続放棄です。

単純相続は、すべての財産を受け継ぐことです。
つまり、プラスの財産もマイナスの財産もすべて受け継ぐことになります。

そして、限定相続は、債務の責任範囲をプラスの財産の範囲に限定して相続を行う手続きです。
被相続人の債務が多額の場合、単純相続を行うと、相続人に返済などの負担がかかる場合がありますので、そういう場合は、限定相続を選択することができます。

そして、相続放棄は、すべての財産を引き継がないことになります。
尚、被相続人の死亡前3年以内に、相続人などが被相続人から贈与を受けた財産がある場合、その財産は相続税の課税対象になります。
相続の際には、相続税がかかりますので、被相続人の財産や債務状況を踏まえ、相続人の判断で手続きを行う必要があるでしょう。

知らなきゃ損する?相続順位

法律では、遺言がない場合、だれが相続できるのかを決めていて、この人たちを法定相続人といいます。
順番で言うと、まず、第一順位の相続人となるのは配偶者と子どもです。
子どもには妊娠中の胎児、養子、非嫡出子(法律上の婚姻関係にない父母から生まれた子)も含まれ、配偶者が死亡している場合には、子どもにすべての権利がいくことになっています。
第一順位の配分は、配偶者が2分の1、子どもが2分の1で、子どもが複数いるときには、その2分の1を等分します。
配偶者が妊娠中の場合は、おなかの赤ちゃんにも権利がありますが、流産や死産したときには権利はなくなります。
第二順位は、配偶者はいても子どもがいないときで、配偶者と故人の両親に権利がいきます。
このときの法定配分は、配偶者が3分の2、父母が3分の1で、配偶者が亡くなっているときには、亡くなった人の両親にすべての権利がいきます。
第三は、子供も両親もいない場合で、配偶者と故人の兄弟姉妹に権利がいきます。
配偶者と兄弟姉妹の場合の配分は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1で、配偶者が死亡しているときには、兄弟姉妹にすべての権利がいきます。
つまり、配偶者にはつねに権利があり、第一のときを除いては、取り分もいちばん多くなります。
父母や兄弟姉妹は、故人に子どもがいない場合など、上の権利者がいない場合に限って、権利者になることができるのです。
死亡時に婚姻をしていれば、配偶者は、ハネムーン直後に妻が死んでも、30年後に夫が死んでも、権利者としては同じ扱いになります。

pickup

北欧雑貨
http://apila.jp/