弁護士と債務整理について

お金のことを知ろう

弁護士と債務整理について

一時期、様々な消費者金融のテレビコマーシャルをよく見かけました。
しかし、最近は、弁護士事務所や司法書士事務所の広告をよく見かけます。
いずれも、借金問題や過払い金請求などの債務整理を訴えかける内容のものが多いようです。
なぜ、債務整理の広告を多く出しているのでしょうか。

銀行や消費者金融からキャッシングなど借入をする際、審査はありますが、限度額は各金融会社の判断で行っていました。
しかし、多重債務になり、自己破産や借金問題で自殺をする人が増え、それが社会問題になりました。
そういった問題を受け、平成22年6月18日に総量規制が完全施行となりました。
総量規制とは、個人の借入総額を,原則年収等の3分の1までとする規制です。

総量規制が施行される前、一定の利息(法定利息)よりも高い利息で支払っていた人が多くいました。
その場合、消費者金融に過去の返済記録から引き直し計算をした結果、払い過ぎた利息を取り戻すことができます。
それを、過払い金請求といい、多くの人が過去に消費者金融から借入を行っていたことや、この金額がかなり高額になる人もいました。
弁護士は依頼人に代行し、交渉を行って、その回収した金額に一定利率をかけたものを成功報酬として得ます。

そのため、弁護士事務所や司法書士事務所は、過払い金請求の潜在顧客獲得を狙って広告を出していると考えられています。
しかし、司法書士は、140万までの過払い金請求しかできないため、弁護士の方が有利だと言えるでしょう。

recommend

Last update:2017/9/15